【カーテン】「たたみしろ」って

こんにちは てらやまです。

さっそくですが、「たたみしろ」って聞かれたことはありますか。

これは窓周り装飾(カーテンやブラインドなど)の世界で使われている用語で生地をたたんだ時に出来る厚みや長さのことを言います。

例えば人気のあるシェードカーテンやウッドブラインドですとこのくらいの厚みが出ます。

img_6567

img_6565

img_6564
img_6568

img_6569

img_6570

普段なかなか意識することのないことですよね。

ただ、これを意識するとしないとでは仕上がりの美しさやその後の使い勝手がかなり変わってきます。

こちらのようにそれぞれのスリット窓にスクリーンを入れると窓を開ける際に邪魔になってしまったり、風の影響を受けやすくなります。

img_5137

img_5138

全体を一台のスクリーンで覆い、たたんだ時にスッキリと窓の上部に収まるように製作しています。

 

このたたみ代を計算して窓まわりを綺麗に見せるには事前の打ち合わせがとても大切になってきます。

特にこれからご新築される方であれば、事前に稔密な打ち合わせをすることで大工さんに取付する位置に下地を入れていただいたり、カーテンボックスを作っていただくことができるのです。

 

もちろんまだまだお部屋の中をどんな風にしようかイメージがわかない方も多いかと思います。

ボー・デコールにはお部屋の中のインテリアを一緒に考えるコーディネーターがおりますので、ぜひ実際にカーテンの生地やスクリーンの色などを見ながらのご相談をしてみてください。