【アートギャッベ】素敵な一日

こんばんは!中野です。

秋の手織りじゅうたん展も2週目となりました。

本日も開店から閉店まで沢山のお客様にお越しいただきました。ありがとうございます。

爽やかな秋晴れの、心地いい風が吹く一日でしたね。

そんな今日新たな出会いをされたご家族がいらっしゃいました。

201610-4

前回のイベントの際に椅子に敷くミニギャッベをお求めいただいたK様。

ずっとリビングに敷く大きいギャッベが欲しいと言ってくださっており、今回念願の一枚を選んでくださいました。

新しくK様一家に仲間入りしたのは、優しい原毛の風合いと草木染の楽しくなるような明るい色の文様が入った一枚。

柔らかくあたたかい雰囲気のK様ご家族にピッタリの一枚でした。

記念撮影の際にお子さまがごろんと横になってくれたのも嬉しい!

ポーズがかわいすぎます~!

201610-3

その後「映画を見ているごっこ」をしてくれました。かわいい後姿にキュンキュンです^^

 

皆様が選ぶ様々なアートギャッベ。

改めてその方の人柄が出るなあと実感です。

沢山の方に「いいなあ」と思っていただくのにもかかわらず、選ぶものは全員違うもの。

それってよく考えると不思議ですよね。

 

自然の恵みで出来たもの、人の手でつくられたもの。

ぬくもりがあって、あたたかい。

柄の良さはもちろんですが、この部分がアートギャッベの共通の良さなんだと思います。

 

そして、今日嬉しかったもうひとつのこと。

私はじゅうたん展のご案内をお送りする際にお手紙をお送りしているのですが、今日その手紙を見てご来店してくださった方がいらっしゃったのです。

その内容はこんなことでした…

%e3%81%8a%e6%89%8b%e7%b4%99

「引越したら、新築したら揃えよう」

ではなく、自分がいいと思えるお気に入りを少しずつ集める暮らしがしたい。

そして少しずつのお気に入りが、自分らしい暮らしに繋がるんだと、そのお気に入りのものと暮らすために家があるのではないのかと思っております。

家に合わせた家具選びではなく、暮らしに合わせたもの選び。

そんな日々お伝えしていることの中で一番大切にしている想いを綴ったのです。

 

これを見て、

「リビングに敷く大きいサイズは買えないと思ってたけど、手紙に書いてあったようにまずは自分のお気に入りを選ぼうと思ってきました」

そう言ってご自身の寝室用に素敵なアートギャッベを選んでくださったのです。

そして、「寝室以外の場所にも持っていっていろんなところで使います」と。

お客様は何気なくおっしゃってくださったと思うのですが、私はとてもとても嬉しくて、心の中で感激していたのです。

 

「お気に入りのものが暮らしを豊かにする」

それは家、家具、絨毯、小物、お洋服…

全てに言えることだと思います。

ただ、全部を一気には揃えるのは難しく、気力も体力もお金も消費してしまいます。

だからこそ、一年にひとつでもいいんです。

とりあえずのものではなく、心からいいなあと思えるものが、暮らしをより楽しく豊かにしてくれるんだと思います。

お気に入りを少しずつ揃える暮らし、素敵だとなあ改めて思った一日でした。

 

秋の手織りじゅうたん展

10月8日(土)~10月30(日)