【アートギャッベ】オールドギャッベに出逢ったら

こんにちは てらやまです。

昨日に引き続き強い風が吹きすさぶ秋葉区では桜の花びらもどこかへ飛んで行ってしまったようです。

ついこの間、ギャッベじゅうたんをお届けした時に、「このじゅうたんは空を飛びますか??」と質問を受けたのですがこんな風の中ならどこへでも飛んで行けそうですね。

 

今日は『空飛ぶじゅうたん』に出てきそうな一枚をご紹介します。

このとても優しい風合いのギャッベじゅうたんは【オールドギャッベ】と言われています。

「オールド」=「古い」「年月を経た」。じゅうたんの国イランで織り上げられてから30~40年ほど使い込まれたギャッベを【オールドギャッベ】と呼んでいるのです。

そんなにも長い時間使われていたとは思えない程、毛並はつややかで美しく、肌触りも柔らかです。

それこそ何十年も使われていた中古のじゅうたんを販売できるのですから、ギャッベがどれだけ丈夫で汚れにも強いのかが分かります。

ただ長い年月を経て色合いは少しボケているような…

グレーの毛の部分を持ち上げてみると、鮮やかなグリーンが出てきました。

恐らくこの部分は化学染料を使って染められた毛糸。この時代、手のかかる草木染ではなく手軽に鮮やかな色合いに染め上る化学染料が多く使われていたりもしたのです。ただ、化学染料は手軽に染められるのですが色が褪めて行くのも少し早いようです。

現代で織り上げられるギャッベはその当時から比べるとものすごく手が込んでいます。昔から伝わる草木染を多く使い、織りの細かさも格段に上がっています。

ギャッベじゅうたんは一枚を織り上げるのにとても長い時間と手間を必要とするじゅうたんです。

ひとつひとつの結び目を引き締めていく中で、家族の健康や幸せを願って織られます。

オールドギャッベは家族を想いながら作られ、そして家族の生活の中で使い込まれたじゅうたんだからこそなんだか懐かしい、優しい気持ちになれるのかもしれません。

空は飛べないかもしれませんが、ギャッベが過ごしてきた時間に想いを馳せて時空を飛ぶことはできるかも…

 

現代のギャッベとはまたひと味違う、使い込まれたからこそ生まれる風合いを楽しんでみるのはいかがですか。

ぜひお店で実際に触れてみてください。

お待ちいたしております。

 

・・・・・・・・・・イベント情報・・・・・・・・・・・・・・

4/8(土)~4/30(日) ※期間中無休
春 の手織りじゅうたん展 開催!

丹精込めて織りあげられるアートギャッベと
安心して使えるLOHASなハグみじゅうたんが全コレクション勢揃い!

ぜひこの機会にご覧くださいませ。

お問い合わせ先

インテリアショップ ボー・デコール新潟本店
新潟市秋葉区新津4462-3
TEL0250-21-3939