【カーテン】冬の窓には

こんにちは てらやまです。

寒さが厳しい日々が続いています。

出来ればお家の中でゆっくりと過ごしたいところですが、皆さんはお家の中での寒さ対策にはどのようなことをしていらっしゃいますか。

実はこの冷暖房効率を高めるために注目していただきたいのが窓なんです。

家の中で熱量の出入りの一番多いところは窓や玄関といった「開口部」。

夏は窓から熱さが入ってきて、冬は窓から暖かさが逃げていってしまいます。

では、実際にどのようなことをことをするのが一番いいのか。

いろいろな実験データが出てはいますが、やはり一番のおすすめはカーテンの二重掛け。つまり薄手のレースカーテンと厚手のドレープカーテンを掛けること。

本当にシンプルですが、窓とレースカーテン、レースカーテンとドレープカーテンの間それぞれに空気の層ができるために窓からの冷気や熱を通しにくくなるのです。

もっと効果を上げるためにはカーテンの吊るし方にもひと工夫して壁との隙間をなくします。

例えば、厚手のドレープカーテンをレースカーテンのレールまで持って行って壁との隙間をなくします。

 

そしてレールの上にもカバーを取り付ける。

 

 

では、肝心のカーテンの生地はどんなものがいいのでしょう。

オススメは断然 『麻』 『リネンカーテン』 です。

「リネンのカーテンって、冬は寒いんじゃない?!」という声も聞こえてきそうですが、実は保温性も高い素材なんです。

リネンは繊維の中心が空洞になっており冬は暖かい空気を閉じ込めて、断熱材のような役割をしてくれます。

また、この空洞は水分を吸い込むため、なんとコットンの4倍!ともいわれるほど吸水性に優れているんです。そしてこの中空から表面まで続く通気口によって水分を素早く発散させるため、乾きの速さはコットンの約2倍ともいわれています。

冬は結露に悩まされるのでレースカーテンにいつもカビが生えてしまうので嫌だ!という声もよく聞きますが、そんな窓にこそこのリネンの吸水性や、すぐに乾くという特性が発揮されるのです。

逆に夏はシャリシャリした表面と、お部屋の湿気を吸収しながら熱を逃がすので、サラッとして清涼感があります。

 

保温性と通気性に優れ、夏は涼しく、冬は暖かく使えるリネン素材はお家の中の快適性をより高めてくれる素材です。

そして、リネンの生地を透かして入る陽のあたたかさは自然素材ならではの心地よさです。

 

この週末からボー・デコールでは【リネンカーテンフェア】が始まります。

そんな冬こそ心地いいリネンの生地を実際に触れて見て確かめてみてください。

また、カーテンの取付け方や選び方など気になることは何でも気軽にスタッフにご相談くださいませ。専門スタッフがお伺いいたします。