【雑貨】侘び寂びを感じる器

こんにちは!中野です。

昨日東京に出張にいってきました。新潟にはあまりない暑い晴れの日を期待して行ったのですが、予想に反して曇り空のちょっぴり肌寒い日…残念です!

新潟に戻ってきた今日は逆に青空!暑いくらいの一日でしたね。

そんな今日ご紹介するのは、さらりとした触り心地が特徴のカップです。

流れるような線が特徴のこちらのカップ。実はあるものをモチーフにデザインされています。

それは日本の伝統「石庭」です。

滑らかな丸や凛とした直線はとても日本らしい美しさを感じます。

そんな石庭をイメージして作られたカップ、実際にソーサーを見てみるとよく分かります。

まさに石庭ですよね。

まっすぐの「せん」

まあるい「えん」

触り心地も砂石のようにさらりと滑らか。

品のある美しいデザインと風合いです。

色は2種類、

白砂のように濁りのない白と、

石庭に配置された石をモチーフにしたグレーがあります。

「侘び寂び」

閑寂さのなかに、奥深いものや豊かなものがおのずと感じられる美しさ。

まさにそんな世界です。

 

暑い夏だからこそ、あたたかいお茶でほっと一息。

ゆったりと心を落ち着かせてのんびりとお茶をするのもいいですよね。