願いを託すもの

こんにちは てらやまです。

最近ボー・デコールに可愛らしい雑貨が仲間入りしました。

 

img_6901

ピンポン玉くらいの大きさのちいさなだるまさん。

色もとってもカラフルです。

「だるまみくじ」の画像検索結果

この色にはそれぞれ意味もあるのです。

例えば、紫色には開運招福

「運が開けて福が舞い込みますように」

緑色は学業成就

「努力が報われますように」など

 

縁起物として良く目にする「だるま」は禅宗の祖といわれる「達磨大師」を模したもの。

願いを込めて最初に左目(向かって右)を入れ、願いが叶ったら右目(向かって左)を書き入れます。

 

ぜひそれぞれの願いを込めて目を入れてみてください。

小さなだるまさんはちょっとしたプレゼントにもいいかもしれませんね。

 

話は変りますが、今ボー・デコールで開催されている「秋の手織りじゅうたん展」にはイランからギャッベじゅうたんの織り子さんが来てくださっています。

願いを込めるというと…彼女たちがじゅうたんに織り込む文様にもそれぞれ願いが込められています。

IMG_5495

こちらのギャッベに織り込まれているのは木と二匹の鹿

 

木はモチーフである糸杉が、天に向かって真っすぐに伸びる姿から、家族の健やかな成長・健康・長寿などの願い織り込まれる文様。

鹿は親と子が常に寄り添って生活をする姿から、家庭円満の象徴として。

 

文化や宗教は違えど、幸せを願う思いはみんな同じなのですね。

 

%e6%9c%ac%e9%96%93%e5%85%ac%e5%8f%b8%e6%a7%98%ef%bc%88%e5%af%ba%ef%bc%89-2

秋の秋葉区で異文化交流~。

男の子はあまりの雰囲気の違いにすっかり固まってしまっていましたが、記念にパチリ。

 

ぜひ皆さまもこの機会に遊びにいらしてください。

 

 

 

————————————————————————————————————-

秋の手織りじゅうたん展

10月8日(土)~10月30(日)