HOME  BLOG   大人気の飛騨の木のカッティングボード。使い方とお手入れ方法。

大人気の飛騨の木のカッティングボード。使い方とお手入れ方法。

こんにちは。中野です。

国産一枚板・ハギテーブル展+カッティングボード展も中盤です。

今日はカッティングボードのご紹介。

飛騨高山の森から取れた木で作られたカッティングボードです。

カッティングボード

 

 

お客様からカッティングボードとまな板ってなにが違うの?とよく聞かれます。

その違いは用途です。

まな板は主に料理をする際に台所で使うもの。(お肉や魚、野菜などですね)

カッティングボードはパンやチーズ、フルーツなどを切ってそのまま食卓に出せるものです。

カッティングボードは見た目がおしゃれなものが多く、単に食材をカットするだけでなく器としてもお使いいただけます。

もちろんまな板代わりにしてもOKです!

カッティングボードの使い方は様々。

カッティングボード

無造作にパンを置くだけでもとってもおしゃれになりますよね。カッティングボード

時にはトレイ代わりにも。カッティングボード

食材をよりおいしそうに彩ってくれます。カッティングボード

パーティにもとってもおすすめですよ。

気になるのお手入れですが、洗ったあとはしっかりと乾かすことが大事です。

カッティングボード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に縦に置きたくなるのですが、こう置いてしまうと木の導管を通って水分が下に溜まりやすくなってしまいます。このまま放置しておくとカビの原因になるので、一番ベストな置き方はは吊るしておくことです。ただ、なかなか吊るせないという方は、横向きにしておくだけでも大丈夫です。

カッティングボード

その際まな板スタンドのようなものの上に乗せて、できるだけ接地面を少なくしてあげてください^^

そして使っていくうちに乾燥や傷が気になってきたら、オリーブオイルを薄くのばしてください。

文字で書くとなんだか手間がかかると思われがちですが、実際はとっても扱いは簡単です。気兼ねなく使いながら、時折お手入れしてあげると、びっくりするくらいいい表情を見せてくれるものです。使い込んだ状態もまた素敵でしょうね。

まとめ買いされる方もとても多いカッティングボード。用途に合わせて様々な形を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展を開催致します


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939


ボー・デコール公式インスタグラム始めました!!

https://www.instagram.com/beaudecor_niigata/

ユーザーネーム  “beaudecor_niigata


カルテル新潟も公式インスタグラムやってます!!

ユーザーネーム “ kartell_niigata

https://www.instagram.com/kartell_niigata/

お問い合わせはこちら