【学習デスク】簡単!オイルメンテナンス

こんにちは、東福寺です。
一気に寒くなり、冬が近づいていることを感じる今日この頃ですが、皆さまお元気でしょうか?

本日は、これから本格的に学習机を探されるお客様のために、オイル仕上げの家具のお手入れ方法をご紹介いたします。

ボーデコールの学習デスクはほとんどがオイル仕上げ。表面を塗装するのではなくオイルを染み込ませているので、木そのものの温かい肌触りや使い込むほどに味わい深くなっていく経年変化を楽しむことができます。

そして、なんといってもご家庭で簡単にお手入れができるのがオイル仕上げの特徴です。ご入学のタイミングで買ってもらった学習机を、大人になっても大切に使い続けていってもらいたい。そういった思いから、傷や汚れも修復しながら愛着に変えていけるオイル仕上げの学習デスクをおすすめしています。

それでは、実際にメンテナンスを始めてみましょう。

 

①今回は、ウォールナットの木を使用します。

②紙からはみ出して机に書いてしまいました!サーッと血の気が引いてしまいそうですが、ご安心ください!

③紙やすりで木目に沿って削っていきます。

④インクの黒が消えました。削ったところは白っぽく、触るとかさかさしていますが、これが本来の木の状態です。このままだと傷やしみがつきやすいので、オイルを塗って潤いを与えていきます。

⑤Tシャツのはぎれや手ぬぐいのような、やわらかくて毛羽の出にくい布をご使用ください。オイルを塗ったところがはっきり分かります。

⑥全体にオイルを塗りこみます。一晩乾燥させて終了です。

 

オイル仕上げの家具はこうして簡単にメンテナンスをすることができますが、小さな傷や汚れを毎回修復するとなると大変です。長く使いこんでいくうちに傷や汚れも味わいになっていきますので、あまり気を使う必要はありません。

たとえば小学校ご卒業のタイミングなどでご家族でメンテナンスをして、6年間の出来事をおしゃべりするのも素敵です。

そういった思い出を積み重ねて、世界で1つの大切な机になるといいなと思います。