【じゅうたん】キリムという織物

こんにちは かどいです。

ボー・デコールでは、『アートギャッベ』や『ハグみじゅうたん』のご紹介することが多いですが、

本日は、KILIM(キリム)という織物をご紹介したいと思います。

【カシュガイ族のキリム】

 

「キリム」は、トルコ語で平織りという意味をもちます。

産地はトルコが有名ですが、以外でもアートギャッベの故郷イランやイラク・アフガニスタンなどの中東

ブルガリアなどの東欧、モロッコなどの北アフリカなどでも盛んに作られております。

ちなみに、イランでは『ギリム』と発音します。

 

キリムは、アートギャッベ同様に花嫁道具として女性が織ります。

平織りの布を総称しますが、使い方によって実は名称もそれぞれにございます。

代表的なものとして、「ソフレ」・・・食卓布(ランチョンマット)やナンをこねるためにも使います

「チュワール」・・・穀物入れ

「ヘイベ」ラクダやロバの背にかける収納袋

「マフラッシュ」箱形で衣類や食器を入れるもの

などなど、他にもたくさんの用途としてキリムは使うのです。

 

昔は、カシュガイ族でも「ギャッベ」を一枚、「キリム」を20枚作ってお嫁入りしたそうですよ。

また、キリムにも文様があり、願いを込めて織るのは同じで

主に厄除け、悪い物から守ってくれるという願いが多いようです。

 

【イラン グーチャン地方のキリム】

牧歌的な絵柄が多いです。

 

【トルコのキリム】

トルコはたくさん種類があるので、今日は代表的な画像イメージです。

 

【トルコ ゴートキリム】

ゴート・・・山羊の毛のキリム。ブランケットとして使います。

 

【ブルガリア ローズキリム】

 

 

さて、キリムの具体的な使い方として・・・

 

リビングに

 

ダイニングに

 

和室に

 

寝室に

 

敷いたり、飾ったりと模様替えしながら使えるのがキリムの良い所です。

キリムについてまだまだ書き足りないですが、今日はここまで。

また、ご紹介致します。

 

ボー・デコールでは、世界中のキリムも常時200枚ほど展示しておりますので、

アートギャッベ、ハグみじゅうたんだけでなく、是非キリムもご覧になって下さいね。