HOME  BLOG   使い込まれた風合いと艶が美しい、オールドギャッベコーナーができました

使い込まれた風合いと艶が美しい、オールドギャッベコーナーができました

こんにちは、いからしです。

本日オールドギャッベを集めたコーナーを新たにつくりました。

【オールドギャッベ】とは・・・?
遊牧民の人々が実際にテントの下に敷いて使っていたものを譲り受けたものです。

遊牧民が実際に大地の上や岩場で使っていたため、中には擦り切れているものもありますが、新しいものには出せないその風合いも魅力のひとつです。

お店にあるものは30~50年近く前に織られたオールドギャッベ。
手のひらで触れてみると、長年使い込まれたことにより艶が増し、肌触りがとてもなめらかです。

オールドギャッベコーナーには、こちらのライオン柄のギャッベを壁に飾りました。

写真ではなかなか伝わりづらいのがざんねんなのですが実際にご覧いただくと、使い込まれた毛並が本当に艶やかで美しいです!

染めていない羊毛そのままの白い部分も、時を経たことで光り輝く深みのある色に変化しているのがわかります。

お店にいらしたら是非、オールドギャッベの美しさにも触れてみてください。

 

春のアートギャッベ展

 

ランドセルバナー

ボーデコール インスタ
カルテルインスタ

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら