体も心も嬉しい。自然素材に触れる暮らしを。

こんにちは。中野です。

一枚板・ハギテーブル展も後半に差し掛かりました。

普段から木の家具を取り扱っているボー・デコールですが、一枚板やハギテーブルは既製のテーブルにはない魅力があります。

そもそもなぜこんなにも心が惹かれるのかと考えてみました。

 

電子機器や化学製品にあふれた暮らしで忘れがちな、自然の恵み。

無垢の家具や漆喰の壁、一枚板など昔は当たり前のように使われていた素材が、効率やコスト重視の建材に変わり、いつしか自然素材の家は贅沢なものとしてとらえられるように…。

しかし一昔前の日本では、木造の家を建て、木の家具を大切に直しながら使っていたはず。

それがわずか数十年で大量生産、大量消費が当たり前の国になってしまいました。ほんの数十年前だけなのに、暮らしは驚くほど便利になりましたよね。楽になった反面、少し悲しくもあります。

子どもたちは外で遊ぶより中でゲームというのも当たり前の光景に。

街から公園もだんだん姿を消してきています。

自然に触れる機会が減ることはとても残念だなあとも感じます。

広大な新潟の山

こちらは阿賀町の山並み。

やはり自然の風景を見ると心がとても軽やかになりますよね。

新潟という自然がとても豊かな土地に住んでいる私たちボー・デコールスタッフは、みんな自然が大好きです。

曇りが多く、一年中どんよりした土地だからこそ、太陽が輝く青空を見れた日にはとてもいい気分になります。

新潟の田んぼ

お店の近くの田んぼ。美しい緑が広がる初夏のひととき。

花のまち新津ならではのコスモス。

新津フラワーロード

そして厳しく寒い冬。雪かきに追われながらも、美しい雪景色に心が落ち着くのです。

大雪のボー・デコール

便利な都会暮らしも憧れるけれど、私は自然と共に暮らしていくのが一番好きです。

季節の野菜を庭で収穫し、冬は蔵に保存していた野菜を少しずつ使う。自家製の梅酒にジャム。無農薬の我が家の野菜は別格に美味しいです。

仕事に追われている時こそ、自然の恵みに触れることで、パワーをもらえる気がします。

 

それは家の中も一緒。

自然素材の家具にも不思議な力があります。

木目を眺めながらお気に入りの器で野菜たっぷりの食事をとる。

ふんわり気持ちのいい絨毯の上で寝転ぶ。

さらりと心地いい寝具で眠りにつく。

それだけでたいていの悩みはなくなります。

 

インテリアは単なる道具だけではなく、心をリセットし、元気を与えてくれる大切な存在だと思っております。

そしてそれを満たしてくれる条件として、素材はとても大切です。

自然素材は決して人工のものには出せない良さを沢山もっています。

自分の心と暮らしをより豊かにするために、自然の恵みをお家に取り入れてみませんか?

 


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939

 

 

LifLinのリネン。カーテン以外の仕立てもできます。

こんにちは。中野です。

昨日素敵なお家に納めた素敵なカーテンを見に行ってきました。

LifLinのリネンカーテン

愛らしい刺繍柄のリネンの生地。

リフリンの刺繍の中でも特に人気の高い生地です。

今回納めたのは、実は窓ではなくテラスドア。

 

LifLinカーテンの魅力

絵を飾っているかのように窓を明るく見せ、お部屋に彩りを与えてくれました。

上の部分をよく見ていただくと分かると思いますが、こちらはヒダがあるカーテンではなく、上下左右を3ッ折にして縫製したマルチカバーです。

こうすることで、カーテンらしさがなくなり、フラットですっきりとした印象になります。また、カフェカーテンのようにつっぱり棒を通すのではなく、クリップで生地を挟んでいます。

出入りが頻繁なテラスドアだからこそ、動かしやすいのも重要なポイントですよね。

 

そして、もうひとつの使いやすいポイントが、アームホルダー。

アームホルダー

壁にこのようなホルダーをつけることで、わざわざタッセルでカーテンをまとめる必要がなく、さっとカーテンをひっかけることができます。

LifLinリネン マルチカバー

このようにふんわりと束ねると素敵ですよね。

隣にの大きな窓には障子があるのですが、普段カーテンと障子を閉め切っていても全然暗くならず、むしろお部屋が明るく見えるそう。

また、キッチンの脇にある窓なので、家事の合間にカーテンを眺めてテンションを上げてますと奥様が仰っていたのがとても嬉しかったです。

リネンのカーテンは見ているだけでわくわくする不思議な魅力があります。

自然素材だからこその風合いの良さが特に際立って見えるんですね。

私もS様のお家のカーテンをみて終始テンションがあがりっぱなしでした^^

 

そしてS様には実はもう一つリネン生地をいれていただいた場所があります。

それがこちら。

LifLinのカフェカーテン

ウォークインクローゼットの中の窓です。

今度はつっぱり棒を中に入れたカフェカーテンスタイル。

普段開け閉めをあまりしない場所なので、閉めっぱなしでも暗くならないようにと白を選んでいただきました。

ウォークインクローゼットにはロールスクリーンをつけることが多いのですが、リネンのカフェカーテンスタイルもすごくいいなと再確認です!

このように、一般的なカーテン以外にも様々なスタイルで楽しめるのもオーダーカーテンの魅力だと思います。

特に刺繍の生地は予算が…と諦めてしまう方も多いかもしれませんが、小さな窓や間仕切りなどでコストを抑えながら取り入れるのもおすすめです。

暮らしを華やかにしてくれる、リネンのカーテンを是非お楽しみください。

 

また、S様のお家でもうひとつ素敵なものに出逢いました。

20年前に購入されたというYチェアです。

なかなか20年前の椅子というのは見れる機会が少ないのですが、さすがYチェアだけあってとても美しい経年変化を遂げています。色付いたペーパーコードも味が出ていて素敵ですよね。フレームも艶が出ていてかっこいいです!

いいものは長く使ったときにこそ良さが際立つものです。

買った瞬間が一番か、10年20年後の味わいを見据えて買うか。

経年劣化なのか経年美化なのか。

ものを選ぶときにじっくりと考えたいことです。

S様の新居もきっとこれから美しく経年美化されていくんだろうなあと思う自然の温もり溢れる素敵なお家でした。

素敵なものの選び方をまたひとつ教えていただきました。

S様、この度はありがとうございました。また遊びにいらしてくださいね。

 


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939

 

 

 

一枚板展、カッティングボードとフォトツリーも大好評です

こんにちは、東福寺です。

ボーデコールではただいま 国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展 を開催中です。本日は、個性豊かなテーブルたちとともにお店にやってきた カッティングボード  フォトツリー をご紹介いたします。

カッティングボード

8月のカッティングボード展でも大好評だったカッティングボード。飛騨の職人さんが、木の形や木目を活かして1枚ずつ丁寧に作るカッティングボードは、見ているだけでもほっこり温かな気持ちになります。

特別な日にお料理をのせてテーブルに出せば、一気におしゃれな雰囲気に。いつものおかずやおにぎりだって、すてきに演出してくれます。

もちろんまな板としてもお使いいただけます。こんなすてきなまな板なら、毎日のお料理が楽しくなりそうですね。

個性豊かなカッティングボード

前回に引き続き、こんな個性的なカッティングボードも揃っています!世界に1枚、とっておきのカッティングボードとの出会いをお楽しみください。

一枚板のフォトツリー

そして、イベント開催前からお問合せをいただくほどの人気のフォトツリー。こちらも1枚板で作っているのですべて1点物です。

昔は木の柱にキズをつけて身長を計りましたよね。どこにでも持ち運べる柱にお子様の写真を飾って、楽しみながらお子様の成長を感じてみませんか?

エストニアのサンタさん

お店には、クリスマスに向けてエストニアのサンタさんや妖精たちも勢揃いです。かわいくラッピングもいたしますので、お気軽にお声がけくださいね。

 


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939

木を育てることの大変さ。林業体験を通して感じること。

こんばんは。中野です。

昨日は定休日を利用して、2回目となる林業体験に行っていました

昨年に引き続き、杉の森のお手入れを指導してくださるのは、新潟の森作りの管理・整備を行っている新潟県農林公社さんと、阿賀町の山林の所有者の方です。

今年は例年よりも雪が降るのが早かったそうで、事前に積雪があると伺っていました。

しかし、とはいえ同じ新潟でお店から1時間くらいの場所。そんなには雪は積もっていないだろうと思っていました…。

が、現地についてびっくり!

20㎝くらいは積もっていました!

凍えるような寒さの中で早速作業スタート。

当日のスケジュールはこちら。

■午前…下草刈り

■午後…枝打ち作業

一日を振り返ってお伝えいたします。

 

<午前~下草刈り編~>

下草を刈る作業

午前中は雨と霧の立ち込める中、下草を刈る作業を行いました。

下草を刈る作業は木を育てるのにとても大切な仕事です。

杉以外の木があると、必要な養分が杉に行きにくくなるので、杉以外の木は全て切ってしまいます。そうすることで、杉がより元気に育っていくんですね。

一年もたつと、また草やツルが伸びていて前に進むのも一苦労。

このようにある程度太い木も倒していきます。

下草を刈ったあと

地面に落ちているのが切った木ですが、こう見るとかなり視界が開けて杉の木だけが立っているのがよくわかります。

こうすることで、杉に沢山栄養がいってより大きくなるんですね。

ボー・デコール林業体験

そして午前の部が終了!

手も足もしもやけです!急きょ足の裏にホッカイロを貼ってしのぎましたが、まったく暖かさを感じられないくらい底冷えします。林業は自然との闘いだと教えていただきましたが、本当に大変な仕事だと思います。まだまだ20㎝なんて序の口で、ここのあたりは冬場3mくらい雪が積もるそうです。さすがにそこまで降ると通行止めになりこの場所にはこれなくなるそう。厳しい場所ですよね。

<至福のひととき~楽しいお昼~>

雨でぬれた冷え切った体を温める為、お昼休憩に。

てづくりお弁当で美味しいお昼を

午後の作業に向けて、エネルギー補給です。

みんなでお弁当やサンドイッチを作って持ってきてわいわい食事。暖かいスープやお茶が身体にしみます。

身体が温まったところで、午後の部へ。

森に戻ると、午前中の天気が嘘のように晴れに!!

霧が晴れていく森の様子

雨のしずくがキラキラと綺麗に輝いていました。

 

<午後~枝打ち編~>

気合いを入れ直して作業再開です!

午後は「枝打ち」の作業。

木の枝を切り落としていくのですが、これも木を大きくするための大切な仕事。

風通しや日当たりをよくするために、不要な枝を切り落とすのですが、だいたいその木の長さの三分の一くらいを目安に枝を落としていきます。

手の届く範囲の枝は昨年切り落としていたので、今年はより高い位置の枝を落とすことに。なので、今回はのこぎりではなく枝打ち用の長いのこぎりを使っての作業です。

これが思いのほか大変!

このくらい高い位置の枝を切るので、首と腕がパンパン。

ちょうど枝も太くなっている部分なので、のこぎりの重さと枝の重さでよりキツイ!

実際の作業の際ものこぎりを使っているそうで、途方もない数の木をひとつひとつ丁寧に枝を落としているそうです。

しかも、この枝打ちの作業はなかなか難しい…

かなり際まで切らないと、切り口がうまく木に巻き込まれず木材になったときに節が抜ける「死に節」になってしまうそう。

こちらは実際に昨年枝を打った場所ですが、枝がまだ飛び出している部分と木に巻き込まれている部分がはっきりと分かりました。

低い位置で作業する分にはある程度やりやすいのですが、高い場所でこの木の幹ぎりぎりの部分を切り落とすのがとても難しいのです。

あまり近すぎて幹を傷めてしまってもいけないので、その加減が大変でした。

枝打ちは職人の技とも言われているほど難しく、大変な作業なんだそうです。

 

ただ、不恰好でまだまだへたくそな枝打ちでも、実際に昨年作業をした部分が、自然の力で木の一部に戻っていく様子を見れたのがとても嬉しかったです。

こちらは昨日枝打ちした木の中間部分の様子。

そして、この写真の下の部分が昨年の枝打ちの場所です。

切ったばかりの枝の部分と比べると、黒っぽく目立たなくなっているのがよくわかります。

実際に木の成長を感じることで、この「ボー・デコールの森」により愛着が湧いてきました。

そんな話をしていると、森の所有者の方から「自分の好きな木をひとつ決めて、毎年その木の成長を見ていくのも楽しいかもね」とお話をいただいたのです。

<自分の木をみつけよう>

せっかくなので、自分が頑張って綺麗にした好きな木を1本づつ選ぶことに。

お気に入りの木に印をつけさせていただきました!

ボー・デコール林業体験 

 

みんな自分の木をかわいがっていて自慢げに紹介してくれました^^

木の身体測定

それぞれ選んだ木の経を測ります。人間の身体測定のようなもの。

また来年もこの森に来て成長を見守りたいと思います!

どれくらい育っていくのかが楽しみです。

 

<ボー・デコールの森を通して学ぶこと>

ちょうど1年ぶりに訪れた「ボー・デコールの森」。

昨年の森の様子

これは昨年の様子ですが、下草も沢山生えており、必要のない枝も多いです。

そして今年の作業終了後の写真。

見違えるほど綺麗になりました。

ただし、まだまだこれは森の入り口のほんのわずかな部分。

広大な森の中のほんの一部でしかありません。

針葉樹も広葉樹も含めて、日本には手つかずの森が沢山あるそうです。

私たちは少しでも日本の森が元気に育っていけるようお手伝いをしていきたいと思っております。

長年木の家具を扱っているボー・デコールですが、木を育てる経験はなかなかできるものではありません。

普段当たり前のようにある木ですが、長い年月をかけて沢山の人が携わってできたものなんですね。

でも実際に手を掛けることで、改めて木の大切さを感じ、自分の言葉で木の家具の良さを皆さまにお伝えできるのではと感じております。

自然のぬくもりに触れること。

手を掛けながら使い続けること。

便利な現代で忘れがちなことかもしれませんが、そんな想いを大切に伝え続けていきたいと思います。

また来年もこの森にやってきます!!

リポートお楽しみに!!

 

<昨年の林業体験のリポートはこちらからご覧ください。>

昨年の林業体験の様子

 


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939

Lif/Lin-リフリン-のリネンカーテンでインテリアを楽しもう!

こんばんは。中野です。

今日は先日リネンカーテンをお届けしたお家にお邪魔しました。

とても素敵なお家でしたのでご紹介いたします。

LifLinリフリン リネンカーテン

ヘリンボーンの床に黒い壁。ブルックリンのような雰囲気でとても素敵です。

こちらのお家はリフォームをされたそうで、古い梁がいい味わいを出していました。

LifLinリフリン リネンカーテン

(使用生地Lif/Linリフリン LL1023 フラット)

お選びいただいたのは、柔らかな生成のリネン生地。

軽やかな印象の生地です。

道路に面した大きな窓なので、基本的にはカーテンを閉めっぱなしにしているそう。

カーテンを閉めっぱなしなんて日中暗くなるんじゃ…と思いがちですが、リネンの生地は明るく光を取り込んでくれるので、閉めていてもお部屋はとても明るいんです。

LifLinリフリン リネンカーテン

今日は天気もよかったので、陽の光がたっぷりとお部屋に入ってとても綺麗でした。

お客様が、とても明るくてお部屋にすごく馴染んでいるとおっしゃっていました。

そう、リネンは主役にも引き立て役にもなってくれるんです。

素材の良さが、他のインテリアをうまく引き立ててくれるんですね。

ナチュラルのイメージがあるリネン生地ですが、モダンやクラシカル、ブルックリンスタイルなど、どんなスタイルでもスッとなじむので、その表情の豊かさに毎回驚かされます。

LifLinリフリン リネンカーテン

無地に柄に刺繍…様々なLifLin-リフリンーリネンの美しさを是非ご覧ください。

 


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939