自然が生み出す癒しの力~1/fのゆらぎ~

こんばんは。中野です。

今日も大荒れの天気でしたね。夕方外出していたら雷が鳴り響き、ボソボソと雪が降ってきました。

この時期に雷が鳴ると、「ああ、雪が降るなあ」と思います。

こんな寒い日にはやはり暖かいお家でくつろぐのがたまらなく幸せですよね。

デンマークの灯り

新潟の冬は寒くて長い。くもり空が多く、どんより。

よく北欧の気候と似ていると言われます。

そんな厳しい冬を楽しく乗り切れたら、寒い季節が待ち遠しくなるかもしれません。

例えば、普段より少し灯りを落として、キャンドルを灯してみる。

暖かいキャンドルの炎

たったこれだけですが心が安らぎ、電気の明るさよりも何倍も暖かく感じます。

不思議ですよね。その理由は自然のもつ不思議な力が関係しているのです。

 

私たちが意識せずとも心が安らぐもの。

例えば川のせせらぎや、波の音、鳥のさえずり、炎のゆらぎ、などずっと聞いたり見たりしていても飽きるどころか心が癒され、リラックスしていくと思います。

その不思議な癒しの力を「1/fのゆらぎ」というそうです。規則性と不規則性が丁度良いバランスで調和した状態で、そうした環境に長くいると、とてもリラックスするのだとか。

文字にするとなんだか難しいですが、説明しなくともきっと感じているはずです。

 

そんな1/fのゆらぎの癒し。ちゃんと木目にも表れています。

栃の木の縮杢

規則正しい線ではなく、不規則な木目。

ケヤキの不思議な木目

自然界のなかで不規則なリズム。

寒い冬、暑い夏…沢山の気候の中で生まれた木目は自由で、力強い。

決して人工のものでは表現できません。

迫力ある栃の一枚板

美しい木目は、本当に飽きないのです。

ずっと触って、ずっと眺めていたい。

自然の木目をそのまま活かしている一枚板だからこそ、より感じます。

 

近くでみると光沢があって本当にほれぼれするほど綺麗です。

触れて、見て、自然のゆらぎのパワーを感じてみてください。

 


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939

お問い合わせはこちら