木を育てることの大変さ。林業体験を通して感じること。

こんばんは。中野です。

昨日は定休日を利用して、2回目となる林業体験に行っていました

昨年に引き続き、杉の森のお手入れを指導してくださるのは、新潟の森作りの管理・整備を行っている新潟県農林公社さんと、阿賀町の山林の所有者の方です。

今年は例年よりも雪が降るのが早かったそうで、事前に積雪があると伺っていました。

しかし、とはいえ同じ新潟でお店から1時間くらいの場所。そんなには雪は積もっていないだろうと思っていました…。

が、現地についてびっくり!

20㎝くらいは積もっていました!

凍えるような寒さの中で早速作業スタート。

当日のスケジュールはこちら。

■午前…下草刈り

■午後…枝打ち作業

一日を振り返ってお伝えいたします。

 

<午前~下草刈り編~>

下草を刈る作業

午前中は雨と霧の立ち込める中、下草を刈る作業を行いました。

下草を刈る作業は木を育てるのにとても大切な仕事です。

杉以外の木があると、必要な養分が杉に行きにくくなるので、杉以外の木は全て切ってしまいます。そうすることで、杉がより元気に育っていくんですね。

一年もたつと、また草やツルが伸びていて前に進むのも一苦労。

このようにある程度太い木も倒していきます。

下草を刈ったあと

地面に落ちているのが切った木ですが、こう見るとかなり視界が開けて杉の木だけが立っているのがよくわかります。

こうすることで、杉に沢山栄養がいってより大きくなるんですね。

ボー・デコール林業体験

そして午前の部が終了!

手も足もしもやけです!急きょ足の裏にホッカイロを貼ってしのぎましたが、まったく暖かさを感じられないくらい底冷えします。林業は自然との闘いだと教えていただきましたが、本当に大変な仕事だと思います。まだまだ20㎝なんて序の口で、ここのあたりは冬場3mくらい雪が積もるそうです。さすがにそこまで降ると通行止めになりこの場所にはこれなくなるそう。厳しい場所ですよね。

<至福のひととき~楽しいお昼~>

雨でぬれた冷え切った体を温める為、お昼休憩に。

てづくりお弁当で美味しいお昼を

午後の作業に向けて、エネルギー補給です。

みんなでお弁当やサンドイッチを作って持ってきてわいわい食事。暖かいスープやお茶が身体にしみます。

身体が温まったところで、午後の部へ。

森に戻ると、午前中の天気が嘘のように晴れに!!

霧が晴れていく森の様子

雨のしずくがキラキラと綺麗に輝いていました。

 

<午後~枝打ち編~>

気合いを入れ直して作業再開です!

午後は「枝打ち」の作業。

木の枝を切り落としていくのですが、これも木を大きくするための大切な仕事。

風通しや日当たりをよくするために、不要な枝を切り落とすのですが、だいたいその木の長さの三分の一くらいを目安に枝を落としていきます。

手の届く範囲の枝は昨年切り落としていたので、今年はより高い位置の枝を落とすことに。なので、今回はのこぎりではなく枝打ち用の長いのこぎりを使っての作業です。

これが思いのほか大変!

このくらい高い位置の枝を切るので、首と腕がパンパン。

ちょうど枝も太くなっている部分なので、のこぎりの重さと枝の重さでよりキツイ!

実際の作業の際ものこぎりを使っているそうで、途方もない数の木をひとつひとつ丁寧に枝を落としているそうです。

しかも、この枝打ちの作業はなかなか難しい…

かなり際まで切らないと、切り口がうまく木に巻き込まれず木材になったときに節が抜ける「死に節」になってしまうそう。

こちらは実際に昨年枝を打った場所ですが、枝がまだ飛び出している部分と木に巻き込まれている部分がはっきりと分かりました。

低い位置で作業する分にはある程度やりやすいのですが、高い場所でこの木の幹ぎりぎりの部分を切り落とすのがとても難しいのです。

あまり近すぎて幹を傷めてしまってもいけないので、その加減が大変でした。

枝打ちは職人の技とも言われているほど難しく、大変な作業なんだそうです。

 

ただ、不恰好でまだまだへたくそな枝打ちでも、実際に昨年作業をした部分が、自然の力で木の一部に戻っていく様子を見れたのがとても嬉しかったです。

こちらは昨日枝打ちした木の中間部分の様子。

そして、この写真の下の部分が昨年の枝打ちの場所です。

切ったばかりの枝の部分と比べると、黒っぽく目立たなくなっているのがよくわかります。

実際に木の成長を感じることで、この「ボー・デコールの森」により愛着が湧いてきました。

そんな話をしていると、森の所有者の方から「自分の好きな木をひとつ決めて、毎年その木の成長を見ていくのも楽しいかもね」とお話をいただいたのです。

<自分の木をみつけよう>

せっかくなので、自分が頑張って綺麗にした好きな木を1本づつ選ぶことに。

お気に入りの木に印をつけさせていただきました!

ボー・デコール林業体験 

 

みんな自分の木をかわいがっていて自慢げに紹介してくれました^^

木の身体測定

それぞれ選んだ木の経を測ります。人間の身体測定のようなもの。

また来年もこの森に来て成長を見守りたいと思います!

どれくらい育っていくのかが楽しみです。

 

<ボー・デコールの森を通して学ぶこと>

ちょうど1年ぶりに訪れた「ボー・デコールの森」。

昨年の森の様子

これは昨年の様子ですが、下草も沢山生えており、必要のない枝も多いです。

そして今年の作業終了後の写真。

見違えるほど綺麗になりました。

ただし、まだまだこれは森の入り口のほんのわずかな部分。

広大な森の中のほんの一部でしかありません。

針葉樹も広葉樹も含めて、日本には手つかずの森が沢山あるそうです。

私たちは少しでも日本の森が元気に育っていけるようお手伝いをしていきたいと思っております。

長年木の家具を扱っているボー・デコールですが、木を育てる経験はなかなかできるものではありません。

普段当たり前のようにある木ですが、長い年月をかけて沢山の人が携わってできたものなんですね。

でも実際に手を掛けることで、改めて木の大切さを感じ、自分の言葉で木の家具の良さを皆さまにお伝えできるのではと感じております。

自然のぬくもりに触れること。

手を掛けながら使い続けること。

便利な現代で忘れがちなことかもしれませんが、そんな想いを大切に伝え続けていきたいと思います。

また来年もこの森にやってきます!!

リポートお楽しみに!!

 

<昨年の林業体験のリポートはこちらからご覧ください。>

昨年の林業体験の様子

 


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939

楽しい絵柄のかわいいアートギャッベ

こんばんは かどいです。

今日は、久々の気持ち良いくらいの快晴でしたね!

この天気が明日まで続いてくれることばかり、日中考えておりました。

何故天気の話ばかりかというと・・・明日は、新潟店のスタッフで林業体験に行ってまいります。

詳しくは、後日ご報告いたします。

 

ラクダの文様が素敵なアートギャッベじゅうたん

繊細なパッチワーク柄のアートギャッベじゅうたん

さて、ボー・デコールでご紹介しているアートギャッベは、その名の通り、

じゅうたんとは思えないほどアート性が高いのは、みなさんご存じだと思います。

上記の2枚のように素朴だったり、繊細だったりと、

とても素敵な絨毯がアートギャッベなのですが、

これから紹介するのはさらにアーティスティック一枚なのです!

今まで見たことのないような絵柄が続きます!

 

カメがかわいいアートギャッベじゅうたん

カメさん?

 

カニの珍しいアートギャッベじゅうたん

カニ?

 

かわいいライオンのアートギャッベじゅうたん

かわいいライオン

 

太陽と月と虹の神秘的なアートギャッベじゅうたん

太陽と月と虹が同時に入っている神秘的な絵柄

 

車?

 

メルヘンで絵本のような絵柄のアートギャッベ絨毯

つなげていくと、子供が描いたようなほっこり笑顔になるような絵柄でもあり

メルヘンの世界のような

ピクニックに行ったかのような

絵本の世界のようなアーティステックな一枚なのです。

 

 

 

見ていると、いろんな想像を掻き立てるような一枚で、

どうして織り子さんは、この一枚を織ろうと思ったのだろうか・・・

アーティストが描いた絵をお願いして織ってもらったのだろうか・・・

我が子の作品をモチーフに織ったのだろうか・・・など

思いを馳せらせてくれます。

 

私も10年以上アートギャッベを見てきましたが、

私にとっては我が子のお絵かきをイメージさせる特に珍しい一枚です。

 

自分のお部屋に、このアートギャッベがあったらどうだろうかと是非想像してみてください。

 

みなさん好みは様々ですが、一生共に過ごしていくアートギャッベに

元気をもらったり、癒されたり

色や絵柄に感動したり

自分の分身のように感じたり、自分と正反対だから求めたりと

それぞれの出逢いを楽しんで頂けたら、とても嬉しいです。

 


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939

Lif/Lin-リフリン-のリネンカーテンでインテリアを楽しもう!

こんばんは。中野です。

今日は先日リネンカーテンをお届けしたお家にお邪魔しました。

とても素敵なお家でしたのでご紹介いたします。

LifLinリフリン リネンカーテン

ヘリンボーンの床に黒い壁。ブルックリンのような雰囲気でとても素敵です。

こちらのお家はリフォームをされたそうで、古い梁がいい味わいを出していました。

LifLinリフリン リネンカーテン

(使用生地Lif/Linリフリン LL1023 フラット)

お選びいただいたのは、柔らかな生成のリネン生地。

軽やかな印象の生地です。

道路に面した大きな窓なので、基本的にはカーテンを閉めっぱなしにしているそう。

カーテンを閉めっぱなしなんて日中暗くなるんじゃ…と思いがちですが、リネンの生地は明るく光を取り込んでくれるので、閉めていてもお部屋はとても明るいんです。

LifLinリフリン リネンカーテン

今日は天気もよかったので、陽の光がたっぷりとお部屋に入ってとても綺麗でした。

お客様が、とても明るくてお部屋にすごく馴染んでいるとおっしゃっていました。

そう、リネンは主役にも引き立て役にもなってくれるんです。

素材の良さが、他のインテリアをうまく引き立ててくれるんですね。

ナチュラルのイメージがあるリネン生地ですが、モダンやクラシカル、ブルックリンスタイルなど、どんなスタイルでもスッとなじむので、その表情の豊かさに毎回驚かされます。

LifLinリフリン リネンカーテン

無地に柄に刺繍…様々なLifLin-リフリンーリネンの美しさを是非ご覧ください。

 


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939

 

 

 

 

飛騨のハギテーブルはスタイリッシュで、ダイニングに最適です。

こんにちは、いとうです。
只今開催中の『国産一枚板と飛騨のハギテーブル展』
ご好評いただき誠にありがとうございます!

本日は、一枚板同様に個性のある、ハギテーブルのご紹介です。

こちらの天板、山桜という木を3枚合わせています。

今回のイベントに併せて飛騨からやってきたハギ天板です。

飛騨高山の寒い冬を乗り越えて育つ、力強さの残る木目の表情がまた良いですし、日本のお家には日本の木が馴染むと思えるテーブルです。

(現在の家具業界では、海外の木を使うものが大半を占めています)

 

 

日本の木を使い、暮らすことが素敵なことだと思わせてくれます。

ハギテーブルの魅力は、2~4枚ほどの板を合わせて作るので、いろんな表情の木をお楽しみいただくことでもあります。

様々な表情の木から、職人が似合うものを見つけ合わせて世界にたった一枚のテーブルに仕上げます。

 

 

✦ハギテーブルの脚について

すっきりとした強度のあるホタテ脚と、

 

リビングとダイニング両方に使えるハコ脚とでお選びいただけます。

ハコ脚をリビングで使うと・・・

写真のように座卓に早変わりします。

造りはしっかりしていますが、一枚板より薄みなので持ち運びはしやすいです。

 

 

 

厚さは3㎝と、一枚板に比べると華奢な感じです。

耳は手で削ってあえて薄皮を残すことが、職人さんのこだわりです。

手触りがざらざらだったり木を触っているなぁと実感できます。

 

天板の厚みがないので、置いてみるとスタイリッシュな雰囲気に。

こちらの天板は、180㎝と大きめですが圧迫感がなく、可愛らしい椅子でも格好良い椅子でも何にでも馴染んでくれます。

 

 

天板だけでも展示をしておりますので、じっくりと見比べて眺めて頂くことができますよ。

また、ちょうどいいサイズが無ければ、製作もできます!

材種も、水目桜・山桜・鬼胡桃・栗の4種類からお選びいただけます。

いつでもご相談くださいね。

 

 


最後に、美しい天板を一枚ご紹介します。

こちらの木は、水目桜です。

私は一番この板が好きです。

上品で、なんとも言えない光沢がありますよね!

 

 

節が入っているところややさしい杢目の表情だったり、一点ものだからこその魅力を感じられるハギテーブルが勢ぞろいしております。

 

この機会にぜひ、テーブルにときめく、この気持ちをぜひ味わってみてください。


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939

 

 

 

【ギャッベ・カーテン】フォトコンテスト+陽射したっぷりカーテン

こんにちは てらやまです。

今日は暖かな陽射しが眩しいくらいの良いお天気。こんな穏やかな日が続いてくれるといいのですが、皆さまはこれから来る冬の準備は整いましたかー?

冬になると車の冷えたシートに座るのもついつい躊躇してしまいますが、そんな時に大活躍してくれるミニサイズのギャッベを選びに、先日あるお客様が来てくださいました!

先月開催しました『手織りじゅうたん展 フォトコンテスト』で見事に2位を受賞されたお客様。

 

 

「ハイハイの特訓中!」

 

おめでとうございます!!

先輩ワンちゃんの特訓もあってすっかりハイハイも上達したそうですよ。家族がずっと仲良くいれますようにとの願いの込められたシカの文様の入ったミニギャッベ。もともと仲良しのK様ご家族にパワーアップアイテムが加わりましたね。

また、大きくなった姿を見せにお店に遊びに来て下さいね!

 


 

さて、本日この晴天の中カーテンを納品にお伺いして来ました。

 

陽射しがたっぷりと入る羨ましいお部屋です。

今回はオリジナルリネンカーテン『Lif/Lin-リフリン-』のLL2023という淡いブルーにピンストライプが軽やかなイメージの生地をお選びいただきました。合わせたレースカーテンも優しい色合いのストライプになっているのですが、お部屋が明るすぎてあまり写真で表現できませんでしたが、こちらの生地です⇓

 

これからの生活を考えて平屋にしたというお客様。ですので、お家でのお手入れがしやすいようにとの組み合わせでリネンカーテンも防縮加工をした生地にしています。

 

数日後にお引越しを控えていてまだ荷物は何もない状態。でも、カーテンが入るだけでぐっとお部屋の中の印象が変わりました。

 

  ⇒ 

 

  ⇒ 

 

取付け後に「やっぱりナチュラルですごく優しい雰囲気になりましたね~。他の部屋とは違う!」と仰って下さいました。

実はこちら以外のお部屋にはもともと持っていらっしゃったカーテンなどで光を通さない遮光カーテンを選ばれていました。

陽射しのたっぷり入る部屋にはせっかくならば、全部を遮るのではなくて陽射しを柔らかくしてくれるカーテンを取り入れてみられるのもおすすめですよ。

 

N様、この度はありがとうございました。