【家具】張地を選んで自分スタイル

こんにちは てらやまです。

先日までの春の陽気はどこへやら、雪がちらつく秋葉区はまた冬が戻ってきたようです。

ボー・デコールには雪と一緒に北欧から新しい風が入ってきました。

北欧ファブリックを張った椅子です。

 

こちらはボー・デコールの中でも人気の椅子「Pepeアームチェア」。そこに北欧ファブリックを張り込んで製作しました。

 

北欧デンマークからやってきた生地は色やデザインが豊富でその生地を見ているだけでワクワクしてきてしまいます。もちろん厳選された素材を使っているのでその質感や耐久性などは折り紙つきです。

こちらの椅子の張地を決める際もスタッフ皆でかなり協議しましたよ。

経年変化を経て明るい茶色に変わってきたウォールナット材のチェアに合わせたのはこちらの生地[Stick Tree]。黒の地に茶色の刺繍が入ったこの生地で少しヴィンテージテイストに仕上がりました。

 

実はこちらのチェアはこのように座面だけを製作して取り買えることも可能なのです。

左が今までの座面。右が入荷したばかりの座面。

※厚みの違いは多少のウレタンのへたりもありますが、仕様変更になってクッションの厚みが増したからです。

 

お気に入りの生地で作る自分だけの家具。より大切にしたい気持ちが増しますね。

実はこの生地をソファに張り込んだり、またはクッションを製作することも出来てしまいます。

どんな生地があるのか、お部屋の中にどのように取り入れられるのかなど気になることなどありましたらいつでも当店のスタッフにお気軽にお声掛けくださいませ。

お待ちいたしております。