【デスク】優しい木の手触りのひみつ

こんにちは、東福寺です。
ボー・デコールでは今、来年のご入学に向けて学習デスクシーズン真っ只中です。
気持ちの良い秋晴れでお出かけ日和だった本日も、大勢のお客様がデスクを見に来てくださいました。

ボー・デコールの学習デスク、いろいろこだわりはございますが、本日ご紹介させていただくのは、木本来の手触りです。
天然木を使用して、国内の工房で1台ずつ丁寧に造っている学習デスクは、手のひらでなでるように触るとさらさらとした温かい触り心地で気持ちが良くて癒されます。

木の種類によっても少しずつ触り心地が違うので、色々触り比べてみるのも楽しいですよ。

木の温もり、、、写真で伝えきれないのがもどかしいです。
色味や木目の印象も1台ずつ違うので、見ていても楽しいです。


さて、この優しい、温かい手触りの秘密は塗装方法にあります。
一般的な木の家具はウレタンで表面に塗膜を作るように塗装することが多いのに対して、ボー・デコールの学習デスクはオイル仕上げ。

オイル仕上げは、分かりやすく言うとお風呂上がりのお肌にお化粧水だけ付けたような状態です。
木の表面を覆うのではなく、オイルを染み込ませているので、触れたときに木本来の温かみを感じることができるのです。

安心して長く使えるものを選んでほしい、自然素材の気持ち良さを知ってほしい、1つのものを大切に使う心を持ってほしい。
オイルとウレタンの違いは手触り以外にも様々で、それぞれのメリット・デメリットがありますが、こんな想いを持って学習デスクをご紹介している私たちがお勧めしたいのはオイル仕上げです。

お店ではただいま約25台の学習デスクを展示中です。
木の触り心地にも注目してご覧になってみてください!