飛騨の山で育った木を使って作るウィンザーチェア。一生使い続けたい椅子。

こんにちは、いからしです。

今回は、飛騨の山の木を使い地元の職人が作るウィンザーチェアをご紹介します。

こちらの2脚のチェアは現在開催中の「国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展」から新入荷しました!

 

こちらは山桜(ヤマザクラ)で作ったウインザーチェア。

座面がコロンとしており、やわらかな印象。

実際に触ってみると山桜のさらりとした触り心地がとても気持ちよく、なんだかほっこりさせてくれる可愛らしいカタチです。

 

もうひとつは、栗(クリ)の木のウィンザーチェア。

こちらは座面が気品のあるシェル型でシャープな印象です。

栗の木はすごく軽く扱いやすいので、特に女性におすすめです♪

 

ウィンザーチェアの歴史は古く、17世紀後半にイギリスのウィンザー地方で木材加工をする職人が町家や農家で使う実用的な椅子として作られたのが始まりです。

今でこそ、流通の利便性や価格等の理由から、外国の木を取り寄せて家具をつくることが一般的になっていますが、ウィンザーチェアは元々は庶民のために、その土地で手に入りやすく身近な木材を使ってその土地の人のハンドメイドでつくられていたそうです。

今回入荷したウィンザーチェアはそういった、「庶民の暮らしの中から生まれた椅子」という原点に立ち返り、飛騨高山の森で育った木を使って地元の職人の手でつくっています。

 

座るのはもちろん、こんな風にお部屋のコーナーや玄関などに飾っても素敵ですね。

わたし達ボー・デコールスタッフも、林業体験を通して新潟の森の手入れをしていますが、木を育てる大変さや、木が家具として使えるようになるまでの年数を考えると、改めて日本の木だけで手間を惜しまずつくる椅子に魅力を感じます。

使う人の暮らしに馴染んで、座る分だけ木の風合いが増してくる…

まさに「一生使い続けたい椅子」だと思います。

 

一枚板テーブルだけではなく、ぜひこのウィンザーチェアにも注目してくださいね^^


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939

 

 

 

体も心も嬉しい。自然素材に触れる暮らしを。

こんにちは。中野です。

一枚板・ハギテーブル展も後半に差し掛かりました。

普段から木の家具を取り扱っているボー・デコールですが、一枚板やハギテーブルは既製のテーブルにはない魅力があります。

そもそもなぜこんなにも心が惹かれるのかと考えてみました。

 

電子機器や化学製品にあふれた暮らしで忘れがちな、自然の恵み。

無垢の家具や漆喰の壁、一枚板など昔は当たり前のように使われていた素材が、効率やコスト重視の建材に変わり、いつしか自然素材の家は贅沢なものとしてとらえられるように…。

しかし一昔前の日本では、木造の家を建て、木の家具を大切に直しながら使っていたはず。

それがわずか数十年で大量生産、大量消費が当たり前の国になってしまいました。ほんの数十年前だけなのに、暮らしは驚くほど便利になりましたよね。楽になった反面、少し悲しくもあります。

子どもたちは外で遊ぶより中でゲームというのも当たり前の光景に。

街から公園もだんだん姿を消してきています。

自然に触れる機会が減ることはとても残念だなあとも感じます。

広大な新潟の山

こちらは阿賀町の山並み。

やはり自然の風景を見ると心がとても軽やかになりますよね。

新潟という自然がとても豊かな土地に住んでいる私たちボー・デコールスタッフは、みんな自然が大好きです。

曇りが多く、一年中どんよりした土地だからこそ、太陽が輝く青空を見れた日にはとてもいい気分になります。

新潟の田んぼ

お店の近くの田んぼ。美しい緑が広がる初夏のひととき。

花のまち新津ならではのコスモス。

新津フラワーロード

そして厳しく寒い冬。雪かきに追われながらも、美しい雪景色に心が落ち着くのです。

大雪のボー・デコール

便利な都会暮らしも憧れるけれど、私は自然と共に暮らしていくのが一番好きです。

季節の野菜を庭で収穫し、冬は蔵に保存していた野菜を少しずつ使う。自家製の梅酒にジャム。無農薬の我が家の野菜は別格に美味しいです。

仕事に追われている時こそ、自然の恵みに触れることで、パワーをもらえる気がします。

 

それは家の中も一緒。

自然素材の家具にも不思議な力があります。

木目を眺めながらお気に入りの器で野菜たっぷりの食事をとる。

ふんわり気持ちのいい絨毯の上で寝転ぶ。

さらりと心地いい寝具で眠りにつく。

それだけでたいていの悩みはなくなります。

 

インテリアは単なる道具だけではなく、心をリセットし、元気を与えてくれる大切な存在だと思っております。

そしてそれを満たしてくれる条件として、素材はとても大切です。

自然素材は決して人工のものには出せない良さを沢山もっています。

自分の心と暮らしをより豊かにするために、自然の恵みをお家に取り入れてみませんか?

 


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939

 

 

【Kartell】カルテルで一番リーズナブルな新作チェア

こんにちは、はたやまです。

カルテルのクリスマスイベントと同時開催で、

『国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展』も開催しています。

 

前回のブログで一枚板とテイストの違うチェアの組み合わせのご紹介がありましたが、

実はカルテルのイスとも合うんです!!!

カルテルのGeneric Aという新作チェアと

オニグルミのハギのテーブルと合わせてみました!

このハギのダイニングテーブルは特にカルテルのイスととっても相性が良いんです!

こちらはオイル仕上げの無垢材でつくられているのですが、天板が薄くてすっきりとしています。

3枚の板をはぎ合わせてあることと、職人さんの技術と何度も乾燥させることで

この薄さにできるんだそうです。

見た目のスマートさはもちろんですが、テーブル下が広いので足組みたい方や

下にワゴンをいれて収納したい方にもおすすめです。

テーブルの高さはオーダーできるのでカルテルのイスとでもぴったり合わせられます。

マットなホワイトの異素材のチェアをあわせることで、ギャップでより木目が際立って見えます。

また、一気にお部屋が明るく、ライトなイメージに♪

イスを異素材や明るい色に替えてあげるだけでも雰囲気はガラッと変わります。

 

しかもこの新作チェア、カルテルの中で一番リーズナブルなチェアなんです!

フィリップスタルクのデザインですが、なんと¥22,800(税抜)!!

もちろん屋外でも使用可、スタッキングもできます。

マットなテーブルとあわせても統一感がありステキです

個性的な壁紙や床材と合わせてあげると海外風のインテリアに!

カフェやオフィスにもおすすめです!

 


カルテルクリスマスイベントも引き続き開催中です!

お買い上げプレゼントのポスターやトートバックもたくさんご用意がしましたので

まだまだ大丈夫です!ご来店お待ちしています。

詳しいイベントの情報はこちら→


Kartell NIIGATA (カルテル正規販売店)

新潟市秋葉区新津4462-3

インテリアショップ ボー・デコール敷地内『秋葉区役所隣り』

営業時間 10:00~19:00(水曜定休) TEL.0250-21-3939

インスタやってます!ユーザーネーム “ kartell_niigata  ”

https://www.instagram.com/kartell_niigata/

 

一枚板テーブルとダイニングチェアの合わせ方いろいろ

こんばんは、かどいです。

現在開催中の『国産一枚板と飛騨高山のテーブル展』ですが、

お客様とお話ししていて、多く頂いた質問に対しての答えをご紹介したいと思います。

 

「一枚板テーブルに合わせる椅子は木のダイニングチェアしか合いそうにない」

「一枚板は和風のイメージが強い」

など、現在の住宅には合わせにくいのでは・・・と声を頂きます。

そこで、今日は一枚板とテイストの違う椅子を合わせた例をご紹介致します。

一枚板とナチュラルなダイニングチェアの組合せ

一枚板とナチュラルな椅子の組合せが一番

こちらは、一般的な一枚板と天然木の椅子の組合せです。

天然木の素材感と重厚感もあり、ナチュラルな雰囲気にぴったりです。

 

一枚板と北欧椅子の組合せはかっこいい

こちらは、北欧の名作椅子との組み合わせです。

スチール脚と個性的な表情の一枚板の相性もいいんです。

ダイニング用の脚も少しモダンなV字脚の組合せでバランスをとっています。

 

一枚板とカジュアルな椅子の組合せもおしゃれ 一枚板とカジュアルな椅子の組合せパターンこちらもおしゃれ

こちらは、少しカジュアルなダイニングチェアの組合せです。

椅子の布で色を入れてあげるとナチュラルななりすぎず、

柔らかい雰囲気になり、おしゃれ感も出ています。

 

一枚板と重厚感のある椅子との組合せはかっこいい

 

最後に重厚感も出しつつかっこいい組合せ方です。

アイアンの黒脚に黒革のダイニングチェアは、高級感が出ています。

モダン住宅やマンションにもお勧めの合わせ方です。

 

このように一概に一枚板のテーブルと言っても合わせる椅子によって

印象が大きく変わります。

イベント期間中は、一枚板がたくさんありますので、

目指すお部屋の雰囲気をお聞きしながら、素敵な組み合わせ方をご提案させて頂きます。

気軽にご相談下さい。

 


 

国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939

LifLinのリネン。カーテン以外の仕立てもできます。

こんにちは。中野です。

昨日素敵なお家に納めた素敵なカーテンを見に行ってきました。

LifLinのリネンカーテン

愛らしい刺繍柄のリネンの生地。

リフリンの刺繍の中でも特に人気の高い生地です。

今回納めたのは、実は窓ではなくテラスドア。

 

LifLinカーテンの魅力

絵を飾っているかのように窓を明るく見せ、お部屋に彩りを与えてくれました。

上の部分をよく見ていただくと分かると思いますが、こちらはヒダがあるカーテンではなく、上下左右を3ッ折にして縫製したマルチカバーです。

こうすることで、カーテンらしさがなくなり、フラットですっきりとした印象になります。また、カフェカーテンのようにつっぱり棒を通すのではなく、クリップで生地を挟んでいます。

出入りが頻繁なテラスドアだからこそ、動かしやすいのも重要なポイントですよね。

 

そして、もうひとつの使いやすいポイントが、アームホルダー。

アームホルダー

壁にこのようなホルダーをつけることで、わざわざタッセルでカーテンをまとめる必要がなく、さっとカーテンをひっかけることができます。

LifLinリネン マルチカバー

このようにふんわりと束ねると素敵ですよね。

隣にの大きな窓には障子があるのですが、普段カーテンと障子を閉め切っていても全然暗くならず、むしろお部屋が明るく見えるそう。

また、キッチンの脇にある窓なので、家事の合間にカーテンを眺めてテンションを上げてますと奥様が仰っていたのがとても嬉しかったです。

リネンのカーテンは見ているだけでわくわくする不思議な魅力があります。

自然素材だからこその風合いの良さが特に際立って見えるんですね。

私もS様のお家のカーテンをみて終始テンションがあがりっぱなしでした^^

 

そしてS様には実はもう一つリネン生地をいれていただいた場所があります。

それがこちら。

LifLinのカフェカーテン

ウォークインクローゼットの中の窓です。

今度はつっぱり棒を中に入れたカフェカーテンスタイル。

普段開け閉めをあまりしない場所なので、閉めっぱなしでも暗くならないようにと白を選んでいただきました。

ウォークインクローゼットにはロールスクリーンをつけることが多いのですが、リネンのカフェカーテンスタイルもすごくいいなと再確認です!

このように、一般的なカーテン以外にも様々なスタイルで楽しめるのもオーダーカーテンの魅力だと思います。

特に刺繍の生地は予算が…と諦めてしまう方も多いかもしれませんが、小さな窓や間仕切りなどでコストを抑えながら取り入れるのもおすすめです。

暮らしを華やかにしてくれる、リネンのカーテンを是非お楽しみください。

 

また、S様のお家でもうひとつ素敵なものに出逢いました。

20年前に購入されたというYチェアです。

なかなか20年前の椅子というのは見れる機会が少ないのですが、さすがYチェアだけあってとても美しい経年変化を遂げています。色付いたペーパーコードも味が出ていて素敵ですよね。フレームも艶が出ていてかっこいいです!

いいものは長く使ったときにこそ良さが際立つものです。

買った瞬間が一番か、10年20年後の味わいを見据えて買うか。

経年劣化なのか経年美化なのか。

ものを選ぶときにじっくりと考えたいことです。

S様の新居もきっとこれから美しく経年美化されていくんだろうなあと思う自然の温もり溢れる素敵なお家でした。

素敵なものの選び方をまたひとつ教えていただきました。

S様、この度はありがとうございました。また遊びにいらしてくださいね。

 


国産一枚板と飛騨高山のハギテーブル展

11/23(土)~12/17(日)

ダイニングテーブル・座卓が勢揃い


長く使える自然素材の家具・カーテン・絨毯を提案します。

インテリアショップ ボー・デコール 新潟
新潟県新潟市秋葉区新津4462-3
☎ 0250-21-3939