HOME  BLOG   [アートギャッベ ]ランナーサイズ おすすめの敷き方

[アートギャッベ ]ランナーサイズ おすすめの敷き方

こんにちは。坂本です。

店頭でアートギャッベのご紹介中に「ランナーサイズって何に使うの?」と聞かれることがよくあります。そこで本日は「ランナーサイズの絨毯を敷く場所」についてご紹介致します。

◆ランナーサイズとは

ランナーサイズとは、約40×140㎝、約80×200㎝くらいの細長い絨毯のこと。細長くて場所も取らないので、意外と様々な場所に敷きやすいです。

それぞれのお部屋に合った場所で、自由に敷くことで自分だけのインテイリアを楽しめますよ。

◆キッチンマットとして敷く

ナチュラルな色合いの細めのキッチンマットを敷いている様子

おすすめの敷き方はキッチンマットです。このように細めのタイプで床を見せながら敷くことでスッキリ見えますね。キッチンでよく作業するところにメインで敷くタイプです。

 

緑と黄いろの鮮やかなキッチンマットを敷いている様子

こちらは端から端まで敷くことで、どこでもギャッベの気持ち良さを感じることができます。

初めて聞かれるお客様は「え⁉キッチンマットなんてもったいない!」と驚かれますが、お薦めする理由は「弾力と気持ち良さ」。

 

アートギャッベ 厚みがあり気持ちがよいです・

アートギャッベは羊の毛を手織りで結んで織り上げています。細かく目が詰まった厚みのある絨毯なので、踏んだ時に床の痛さを感じにくく、気持ちが良いです。

キッチンで立ち作業をする時間は意外と長いです。そして朝時間がないときや夕方帰ってきて疲れているときなど、気持ちが良い絨毯が支えてくれるとより実感しますよ。

そしてお手入れのしやすさも大切なポイントです。目が詰まっている絨毯なので、中にゴミが入りにくく、絨毯の上に埃などが乗ります。なので、掃除機がけで埃が取りやすいです。

また、アートギャッベの羊の毛は、寒暖差のある南ペルシャの山脈で育っているため、脂分が豊富に含まれています。羊も寒暖差から自分の身を守るために、脂分を蓄えるんですね。なので、汚れがすぐに染み込みにくいのもいいところ。

アートギャッベについて詳しくはこちらをご覧ください!

アートギャッベのお手入れについてはこちらをご覧ください!

 

◆ベッドサイドに敷く

アートギャッベ ベッド横に敷いた様子

こちらはベットサイドに敷いた様子です。

寝る前にギャッベの上で本を読んだり、ストレッチしたりとリラックスするのもいいですね。朝起きてすぐにギャッベの気持ち良さに触れられるなんて、素足が喜びそうです。

◆玄関に敷く

アートギャッベ 玄関に敷いた様子

玄関が広いご自宅は玄関マットを探すのにも一苦労ですよね。そんな方におすすめするのがランナーサイズ。奥行きがあまりないのでスッキリと、でもどこで靴を脱いでもギャッベの気持ち良さを感じられます。

玄関先でのお友達との会話もついつい長引いてしまいそうですね。

 

ランナーサイズは、ベッドサイドから次はキッチンへ…と場所を変えても楽しめます。ただ、キッチンマットから場所を変えるときは、汚れが気になったり、気分的にさっぱりさせたいと感じるかと思います。

そんな時は、お店にご相談ください。より長くご愛着をもってご使用いただけるように、洗浄やお手入れをするショップ「ラグケア」をオープンしました。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

今回は3つご紹介しましたが、他にも敷ける場所は沢山あります。ぜひ自分のお気に入りの場所を見つけてみてくださいね。

新型コロナウイルス感染症対策について

 

ボーデコール インスタ

カルテルインスタ

お問い合わせはこちら