HOME  BLOG   半透明のブラインドの使い方いろいろ

半透明のブラインドの使い方いろいろ

こんにちは かどいです。

最近ではブラインドの羽根(スラット)の色も様々あり、アルミブラインドでも50色以上や
木製ブラインドも通常カラーだけでなく、ビンテージ仕上げなど種類も豊富になってきております。

その中でも本日は、半透明の羽根(スラット)のブラインドをご紹介致します。

タチカワブラインドの半透明の縦型ブラインドです

こちらは、不織布のような見た目の縦型ブラインドです。

タチカワブラインドのリユースという縦型ブラインドです

このように羽根(スラット)が半透明なため、適度に光を取り入れてくれます。
縦型ブラインドだけの取付でも可能ですが、

リフリンLL4001と縦型ブラインドの組合せです

新潟市のインテリアショップボー・デコールのLL4001のリネンカーテンです

レースのカーテンを手前側にして、窓枠の内側に縦型ブラインドを取り付けると
光を少し取り入れてくれるため、レースカーテンの透け感を持続しながらデザイン系や刺繍の生地も活かせるのです。

タチカワブラインドの半透明のブラインドです

続きまして、こちらは半透明の横型ブラインドです。
使い方例として、

横型ブラインドとカーテンの組合せです

このように横型ブラインドをレースカーテン感覚で厚手のカーテンとも組み合わせるスタイルとなり、
カーテンもモダンな雰囲気に早替わり。

レースカーテンは、厚手カーテンと組み合わせないといけないという発想を取り払うと
選べる幅が広がり、お部屋が一新された雰囲気に変化します。

経験豊富なカーテン専門のスタッフもおりますので、新しいスタイルに挑戦したい方、素敵なウィンドメイクをお望みの方は、いろいろと相談に乗らせて頂きながらお客様に最適なご提案をさせて頂きます。
是非お声掛け下さいませ。

 


ランドセルバナー
インスタグラムバナー ボーデコール
インスタグラムバナー カルテル

 

 

お問い合わせはこちら