HOME  BLOG

湿度を制する者は、夏を制す

こんにちは。
新潟県も、いよいよ夏本番に向けて暑くなってきましたね!
毎朝お店の前や駐車場の木々に水やりをするだけで、汗だくです!笑

お店を構える新潟県秋葉区は、ここ数年あることで全国ニュースに登場し有名に…!
それは…、最高気温!( あんまり嬉しくないですね笑 )
去年の夏は、なんと全国最高の「39℃」というすさまじい記録をたたき出しました。


▲灼熱の太陽と、ボー・デコール


▲木の葉の影を見ると、風を感じて涼しくなりますね

以前他県に旅行に行った際、気温は新潟と同じく38℃前後もあるのに暑さをあまり感じず驚いたことがあります。その違いは、湿度でした。気温が高くても、湿度が低かったので空気がからっとしていて涼しかったんです。

新潟の夏は、気温が高いだけでなく、湿度も高い!
快適な夏を過ごすには、実は「湿度の調節」がとっても重要なんです。

そこで登場するのが、ウールの絨毯!


▲さらっと心地いい肌触りのアートギャッベ

私たちのお店が大切にしてるコンセプトは、「つくり・健康・環境」に配慮したインテリアをご紹介すること。

その中でも、今日はウールの絨毯と健康面の話を少しだけ。

ソファ
▲健康面に気を付けたい方にこそ知って欲しい絨毯です

日本の昔のお家と言えば、木造で、時には隙間風が吹くこともありましたよね。
その後、住宅事情はどんどん進化し、お家の隙間を減らすことで気密性断熱性を高められるようになってきました。

隙間風が無いので寒くないという嬉しいメリットはありますが、一方で昔の家に比べ空気の流れが少なくなっているため、自然による湿度のコントロールは難しくなってきました。

だからこそ今の住宅では、加湿器など文明の利器の力も借りながら、湿度を調節することが多くなりました。上質なウールの絨毯も、湿度を上手を調節してくれる、心強い夏の味方です。


▲さらっとした肌触り、一度知ったら手放せない

ただ、ウールとひとくちに言っても、種類は様々。
例えばギャッベも、ギャッベと名のつくものなら全てが一年中心地いいとは限りません。

大切なのは、素材 ( = 材料 ) です。
どれだけ湿度の調節が上手な羊の毛を使っているか。

ボー・デコールが20年以上前からご紹介させていただいているアートギャッベは、寒暖差の激しい高山に住む羊の毛を使用しているため調湿性に富んでおり、ギャッベの中でも最高級の心地よさなんです。


▲最高峰の工房が大切に育てる羊たち

日本一暑い街にいる私たちだからこそ感動する、ウール絨毯の心地よさ。
※ちなみに冬は冬で豪雪地帯なので、冬になるとウールの保温性に感動しています笑

普段は新津のお店で絨毯をご紹介していますが、なかなかお店に足を運べない方にもぜひご体感いただきたい!この美しい絨毯を知って欲しい!という想いから、6/16(日)までの期間限定で長岡でもじゅうたん展を開催しています。


▲詳しくはこちら

灼熱の太陽が照らす新潟の夏、ぜひウール絨毯と心地よく過ごしませんか。
皆様のご来店、心よりお待ちしております。

【夏こそウールの手織りじゅうたんvol.7】ウールじゅうたんをご使用頂いているお客様の声をご紹介します

【夏こそウールの手織りじゅうたん】Vol.1からVol.6までで、夏にこそウールじゅうたんをお使いいただく理由をお伝えいたしました。

Vol.7の最終話では、実際にお使いのお客様からいただいた嬉しいお声をご紹介したいと思います。

目次

  • 夏のジメジメとした暑苦しさを感じにくいです!
  • 通気性が良く、さらっと気持ち良いです!
  • まとめ

 

「夏のジメジメとした暑苦しさを感じにくいです!」
新潟市 S様

もともと夏にギャッベのイメージはなかったんです。
実際に自宅で使用したら、夏場でもとても気持ち良かったです。

気持ち良いと感じたのは、肌触りがさらさらとして、ジメッとしていないところ。
話に聞いていたけど、本当に1年を通して使える絨毯なのだと実感しました。

特に息子はずっとギャッベの上にいて、掃除の時にギャッベを片付けると「早く敷いてほしい」と言われるほど。これからも大切に使っていきたいと思います。

とお話し頂いたS様。

息子さんがアートギャッベの上でゴロンと寝転がっているのがとても可愛らしく、ボー・デコールスタッフの癒しになっています。
特に小さなお子様は汗っかきなので、暑苦しさをおぼえにくいと快適にご使用いただけますね。

S様 ありがとうございました。
是非これからも末永くお使い頂ければと思います。

 

「通気性が良く、さらっと気持ち良いです!」
新潟市 T様

夏に使うことに初めから不安はありませんでした。
さらっとしていて、通気性が良くとても気持ち良いです。
また普通のラグと違って、使っていて毛がへたらないのも、気持ち良さに関係しているのかなと思います。アートギャッベを敷いている部屋に行けば、必ずアートギャッベの上にいってしまうほど、家族全員アートギャッベが大好きです。

 

アートギャッベの事が大好き。これ以上に嬉しい言葉はありません。
T様 素敵なお写真とコメントを有難うございました。

今回ご紹介したお客様からのお声は、お使いいただいてからの生のお声です。

夏だからこそ私達ボー・デコールがウールじゅうたんを皆さんにご紹介している理由を、是非お店で体感してみてくださいね。

まとめ

playlist_add_check ウールじゅうたんをご使用頂いているお客様の声をご紹介します まとめ

まとめチェックアイコン夏にこそウールじゅうたんは「心地よい」です
まとめチェックアイコン通気性が良く、さらっとした肌触りで快適なおうち時間を楽しめます
まとめチェックアイコン画面越しで、細部の色の揺らぎは表現が出来ません。ご自身の目で見て、触れて感じてみてください

 

【夏こそウールの手織りじゅうたんvol.6】じゅうたんの色選び

全7回に分けてご紹介する【夏こそウールの手織りじゅうたん】第6回目です。
これまでの記事では、ウールじゅうたんが一年中気持ちよく使えることをお伝えしてきました。

そうなると一枚を選ぶときに気になるのは「どんな色を選べばいいか」ですよね。
実際に「夏に赤は暑苦しい?」「冬に青は寒々しい?」と聞かれることも多いです。
「年中使うことを考えたら、無難なグレーやベージュが良い?」という声もよく聞きます。

確かに、一般的な機械織りや化学染料のラグでは「夏は寒色や明るい色・冬は暖色や深みのある色」をお勧めされます。
ですが、アートギャッベ・ハグみじゅうたんは違います。
今回はその理由と、じゅうたんの色の選び方についてお伝えいたします。

目次

  • アートギャッベ・ハグみじゅうたんの色は、何が違う?
  • アートギャッベと夕日の共通点
  • 結局どんな色を選べば良いの?
  • まとめ

アートギャッベ・ハグみじゅうたんの色は、何が違う?

インテリアに限らず、視覚から少しでも涼しさを感じられるように、夏場はさわやかな色のものが多く出回ります。
ラグは、お部屋の中でカーテンの次に大きなインテリア。夏のお部屋を快適にするべく、ラグを変えて模様替えをされるという方も多いです。

それに対して、アートギャッベ・ハグみじゅうたんのユーザー様は「1年中敷きっぱなし」という方がほとんどです。
普通のラグと何が違うのでしょうか?

アートギャッベ 赤 新潟

そのヒントは「色のゆらぎ」にあります。
こちらの赤いギャッベは、ひとことで「赤」といっても、紫がかった色からサーモンピンクに近い色まで、たくさんの赤が使われています。

アートギャッベ 糸

アートギャッベの色は、木の根っこや実などを使う「草木染め」で染められます。
時間や温度・湿度といった周りの環境によって、染め上がりの色が変わります。
その繊細さは「草木染めでは全く同じ色には二度と染められない」といわれるほど。

羊

さらに、イランの羊は真っ白の毛だけではありません。
茶色やグレーの羊毛を使ったり、他の染料を混ぜて染めたりすることで、様々な色に染め分けるのです。

織子さん

最後に、何色にも染め分けられた色糸を織り込んでじゅうたんに仕上げます。
色糸を1本取って、たて糸に結び付けて切って、別の色糸を取って、結び付けて切って…という気の遠くなるような作業です。
この時の色の混ぜ具合によって、アートギャッベ独特の繊細な色の揺らぎやグラデーションが生まれるのです。

機械織りや化学染料ではなかなかこの微妙な色の違いを再現できず、ぺたっと塗りつぶしたような色になります。
そんな赤は、夏に暑苦しく感じてしまうことが多いのです。

では、ハグみじゅうたんはどうでしょうか。
実はハグみじゅうたんは、草木染めではなく化学染料で染められた糸が使われています。
ですが、手紡ぎの糸になりますので細かったり太かったりすることで、アートギャッベのような「色のゆらぎ」がうまれるのです。

 

アートギャッベと夕日の共通点

先ほど、アートギャッベの色にはゆらぎがあり、そのおかげで暑苦しく感じにくいとお伝えしました。
ではなぜ「色のゆらぎ=暑苦しく感じにくい」のでしょうか?

その答えは、私たちが普段目にしている自然界の色にあります。

例えば、景色を真っ赤に染める夕日。深い赤から黄色みがかった明るい赤まで、数えきれないほどの色の集まりです。

先ほどお伝えしたアートギャッベの色のゆらぎは、この自然界の色と同じです。
つまり、夕日を見て暑いと思わないように、自然を連想させるアートギャッベは夏でも暑苦しく感じにくいのです。

同じように青いギャッベが冬に寒いかというと、ゆらぎによりやわらかいやさしい色に見えるため寒くは感じません。
一般的なラグの「夏は寒色・冬は暖色が良さそう…」といった考え方は忘れてしまって大丈夫です。

 

結局どんな色を選べば良いの?

結論からお伝えすると、「好きな色を選ぶこと」です。

「1年中使える色」の他にも、「飽きのこない色」「他の家具と喧嘩しない色」…と、色を選ぶときに気になることはたくさんあると思います。

ですが、アートギャッベ・ハグみじゅうたんはきっと他の家具よりも長くお付き合いただくことになるもの。
まずは合う・合わないではなく、まっさらな気持ちで本当に気に入るものを探してみてほしいと思います。

とはいえ迷ってしまう方も多いと思いますので、作りたいお部屋の雰囲気などがあればぜひご相談ください。
実際に敷いた施工例もご覧いただきながら、ぴったりの1枚を見つけるお手伝いをさせていただきます。

 

まとめ

playlist_add_check じゅうたんの色選び まとめ

まとめチェックアイコンアートギャッベ・ハグみじゅうたんと他のラグの違いは「色のゆらぎ」
まとめチェックアイコン自然を連想させるアートギャッベ・ハグみじゅうたんは、どんな色でも1年中使えます
まとめチェックアイコン合う・合わないではなく、好きなものを探してみましょう

 

次回は、特集【夏こそウールの手織りじゅうたん vol.7】アートギャッベとの過ごし方 ご使用いただいているお客様の声です。お楽しみに!