HOME  BLOG

半透明のブラインドの使い方いろいろ

こんにちは かどいです。

最近ではブラインドの羽根(スラット)の色も様々あり、アルミブラインドでも50色以上や
木製ブラインドも通常カラーだけでなく、ビンテージ仕上げなど種類も豊富になってきております。

その中でも本日は、半透明の羽根(スラット)のブラインドをご紹介致します。

タチカワブラインドの半透明の縦型ブラインドです

こちらは、不織布のような見た目の縦型ブラインドです。

タチカワブラインドのリユースという縦型ブラインドです

このように羽根(スラット)が半透明なため、適度に光を取り入れてくれます。
縦型ブラインドだけの取付でも可能ですが、

リフリンLL4001と縦型ブラインドの組合せです

新潟市のインテリアショップボー・デコールのLL4001のリネンカーテンです

レースのカーテンを手前側にして、窓枠の内側に縦型ブラインドを取り付けると
光を少し取り入れてくれるため、レースカーテンの透け感を持続しながらデザイン系や刺繍の生地も活かせるのです。

タチカワブラインドの半透明のブラインドです

続きまして、こちらは半透明の横型ブラインドです。
使い方例として、

横型ブラインドとカーテンの組合せです

このように横型ブラインドをレースカーテン感覚で厚手のカーテンとも組み合わせるスタイルとなり、
カーテンもモダンな雰囲気に早替わり。

レースカーテンは、厚手カーテンと組み合わせないといけないという発想を取り払うと
選べる幅が広がり、お部屋が一新された雰囲気に変化します。

経験豊富なカーテン専門のスタッフもおりますので、新しいスタイルに挑戦したい方、素敵なウィンドメイクをお望みの方は、いろいろと相談に乗らせて頂きながらお客様に最適なご提案をさせて頂きます。
是非お声掛け下さいませ。

 


ランドセルバナー
インスタグラムバナー ボーデコール
インスタグラムバナー カルテル

 

 

ザクロの木が素敵なアートギャッベをお届け致しました。

こんにちは。配送スタッフの中林です。

先日、素敵なアートギャッベをお届けしましたのでご紹介致します。

T様宅にお選びいただいたのは、美しく沢山の実のなったザクロの木。

ザクロのギャッベ

下向きに実っているザクロは、地に落ち、養分となり、また木の成長の糧となる循環を指し、イランでは輪廻転生の意味が込められています。

アートギャッベを織るイランの遊牧民にとってもザクロは、実は食材として、皮は染料として使われ、無駄な所がなく、まさに輪廻転生を表しています。

ザクロのギャッベ

細かな色の変化や、これほど緻密なデザインを織子さんそれぞれの感性で織られているので、随所に表現の豊かさを感じられます。

見るだけでうっとりしてしまいそうです。

ザクロのギャッベ

背景の淡いグラデーションが落ち着きのある雰囲気に仕上げ、色鮮やかに実のなった美しいザクロとのコントラストがまた美しいです。

ボー・デコールのアートギャッベ展では、アートギャッベのある日常を切り取った一枚をフォトコンテストとして募集しております。

秋にアートギャッベ展を開催予定ですので、もしよろしければご参加くださいませ。

T様この度は、素敵なアートギャッベをお選びいただきありがとうございました。

 

施工例バナー

ランドセルバナー

ボーデコール インスタ
カルテルインスタ

 

玄関にアートギャッベを敷いて気分をかえてみませんか。

こんにちは。新入社員の坂本です。

本日は、玄関に敷きたくなるようなアートギャッベをご紹介いたします。

 

玄関に敷いた様子

玄関は入ってすぐに印象を決める大事なポイントです。

絨毯をどれにするか悩んだ時におすすめするのがアートギャッベです。自然な色合いや柄がまるで風景画のようにも感じていただける絨毯。

イランのカシュガイ族という遊牧民の女性が手織りで作っています。イランの風景から感じたものを織り子さんの感性で絨毯に表現しているので、一点ずつ表し方が違うんですよ。

草木染めの深い色合いからも、自然を感じて力をもらえる気がします。ぜひ、店頭で体感していただけると嬉しいです。

 

では、玄関におすすめな2点をご紹介いたします。

赤いギャッベ

こちらは深い赤がとても素敵なギャッベ。

まるで夕日を見ているような穏やかな気持ちになりますね。

菱形の柄は「メダリオン」といい、厄除けや邪視払いの願いが込められていると言われています。

玄関は人が出入りをするところなので、このギャッベがあると心強く感じます。イランの織り子さんも日本の私たちも家庭を守りたいという願いは共通ですね。

 

青いギャッベ

こちらは、様々な色や形の四角が印象的な青いギャッベ。

黄色の四角が窓からの光を表しているようで、玄関にあればホッと気持ちが落ち着きますね。

四角の形は「窓・井戸」を表しており、幸せや恵みの入口を表現しているとのこと。家の窓から風が舞い込み、悪いものを閉め、井戸から水が湧き出る様子が由来となります。

柄も意味や由来を調べると織り子さんが少し身近に感じられます。様々な柄を見つけるのもギャッベの楽しみですね。

 

毎日通る玄関こそ、こだわりたいもの。

朝、家を出るときや、1日の終わりにお気に入りの1枚が出迎えてくれると笑顔になれる気がします。

ぜひ、自分だけの1枚を探してみませんか。

 

※アートギャッベの詳しいことはこちらをぜひご覧ください

アートギャッベものがたり

ランドセルバナー
インスタグラムバナー ボーデコール
インスタグラムバナー カルテル