HOME  EVENT   特集【アートギャッベとの出会い方 vol.2】子供が大きくなるまでは我慢?アートギャッベのメンテナンスについて

特集【アートギャッベとの出会い方 vol.2】子供が大きくなるまでは我慢?アートギャッベのメンテナンスについて

全10回に分けてお届けするアートギャッベとの出会い方。
これを読めばギャッベの選び方が分かるはずです。

普段、お客様より「お手入れは大変ですか?」という質問や「子供が大きくなって汚さなくなるまで我慢…」と言う声を聞きます。
小さなお子様がいるご家庭ではメンテナンスやお手入れ方法が不安になることも多いですよね。

第2回目の今回は「子供が大きくなるまでは我慢?絨毯のメンテナンスについて」をテーマに、安心してアートギャッベと過ごして頂けるように、お手入れ方法をお伝えします。

お昼寝している様子

 

子供が大きくなるまでは我慢?アートギャッベのメンテナンスについて 目次

  • 飲み物をこぼした時のメンテナンス
  • おう吐した時のメンテナンス
  • 埃やダニが心配な方へ
  • お客様の声
  • まとめ

 

飲み物をこぼした時のメンテナンス

飲み物こぼした様子

①水気を吸い取る

お子様ならジュース、大人はコーヒーなど色のついた飲み物をこぼしてしまうことはよくあるはず。まずはティッシュやタオルを軽く押し当て、水気を吸い取ってください。

②濡れふきんで水拭きをする

次に濡れふきんで色が移らなくなるまで水拭きをしてください。
※この時に注意して頂きたいことは、ゴシゴシこすらないこと。汚れを広げ、毛足を痛める可能性があります。

③乾拭きをする

最後に水気が残らないよう、しっかり乾拭きをしてください。
※まだ汚れが気になる場合
ぬるま湯とキャップ1/4程度のウール用中性洗剤を入れ固く絞ったタオルで優しく拭きます。次に洗剤が残らないように水拭きして、最後に乾拭きを行いしっかり乾燥させてください。

飲み物やソースなど生活の中での汚れは、水拭きでほとんど気にならないくらいに落とすことができます。
撥水加工もしていないのになぜ?…それはアートギャッベでは上質な羊の毛を使っているから。
イランの高地で育ち、脂分が多く含まれた羊の毛だからこそ染み込みにくく、汚れに強いのです。
(vol1の「アートギャッベとの出会い方」で詳しくご紹介していますので、ご覧ください)

 

おう吐した時のメンテナンス

おう吐してしまった後に家で洗う事が難しい絨毯はどうすればいいのでしょうか。

ウイルスが飛び散らないようにペーパータオル等で静かに拭き取り、ビニール袋に密閉して廃棄しましょう。(使い捨てのマスクや手袋、エプロンなどを着用し、感染しないように十分注意してください)

ノロウイルスなどの感染源を絶つ為など消毒が必要な場合は、当店へご連絡ください。
お預かりし、手織り絨毯専門のクリーニング業者で洗浄ができます。(サイズによって料金は変わりますので、お問い合わせください)

ダニや埃が心配な方へ

アートギャッベアップ

①絨毯の目が詰まっているため、食べかすなどが入り込みにくい

絨毯の目が詰まっているので、毛足の中に髪の毛や食べかすなどが入り込みにくくお手入れしやすいです。
普段のお手入れの週1・2度の掃除機掛けを毛並みに沿ってしてください。
時々風通しの良い場所で陰干したり、大きなサイズで干すのが難しい場合は、半分ずつ捲ってあげて2・3時間ほど風通しするのもおすすめです。

②ダニが発生しにくい環境

アレルギーの原因となるダニは高温多湿を好みます。アートギャッベは高地で育った上質な羊の毛を使っているので、温度・湿度を一定に保つ機能にも優れており湿度が上がりにくいのです。
そして餌となる埃や食べかすが糸の中に入りにくいので、ダニが発生しにくい環境になります。

③埃が舞い上がりにくく、取りやすい

小さなお子様は、床からの距離が近くて埃を吸い込みやすい為、「埃が多くなりそうだから」と絨毯を敷かずにフローリングで生活している方も多いです。
ですが実はフローリングより絨毯の方が埃が舞い上がりにくいのです。

フローリングは床に落ちた埃も歩くと舞い上がってしまいますが、絨毯は繊維が埃をキャッチして表面に止まってくれます。この働きのことをダストポケット効果といい、フローリングの室内に比べ空気中に舞い上がるハウスダストは1/2以下になります。

そして、化学繊維に比べ上質な脂分を含んだ羊の毛は静電気が発生しにくく、押さえつけられた埃は掃除機などで吸いやすいのでお手入れしやすくなります。


お客様の声

実際にアートギャッベと過ごしたらどうなんだろう…と気になりますよね。今回は小さなお子様もいらっしゃるお客様の声をご紹介致します。

「我が家らしい世界に一枚が中心にある暮らし」 新発田市Y様

アートギャッベの上でお子さまが遊んでいる様子

お店で100年以上使われたギャッベを見て、永く使えるのも良いと感じました。子供がもしかしたらこの上でおねしょなんてこともありそうだけど、汚れてすぐ捨てちゃう、となるのは勿体ないです。

子供たちの遊び場でもあり、朝起きたらここへ来て着替えたり、おむつ替えをしたり、大人は昼寝をしたり…ギャッベはただの敷物ではなく、生活の中心になっている気がします。

playlist_add_check お子様にもおすすめな理由 まとめ

 こぼしても沁み込みにくい上質な羊の毛
 絨毯の目が詰まっているのでゴミが入り込みにくい
 ダニが発生しにくい調湿効果
 埃を舞い上がらせず、掃除機で吸い取りやすい
 家族の集まる場として、生活の中心になっている

ボー・デコールのアートギャッベは、お子様の小さい内から永く過ごすうちに、ご家族の思い出が詰まった「特別な自分たちの1枚」と感じて頂けると思います。
次回は「お部屋に犬・猫のいる方へ。気になるお手入れ方法」編です。お楽しみに!

 

 

お問い合わせはこちら